なぜ労働ではなくて投資で資産を作るべきなのか?実際の物語で語る

Pocket

こんにちは。つかちゃんです。

僕は、
サラリーマン時代に脱サラを目指して始めた投資で、
1億円を超える資産を形成することができました。

現在は脱サラし、
自由なお金と時間を手に入れることができました。

いくら怠けていても、
資産が勝手にお金を生み出してくれる状態です。

好きな時に好きなことをやり、
好きなものを食べられる。

ストレスフリーで心の余裕に満ち溢れる。

そんな誰もが羨むような状態です。

でももともとは、
平凡なサラリーマンで月収は手取りで20万程度でしたし、
視覚障害のハンディを抱えた役立たずの存在でした。

そんな僕が、
なぜ1億円を超える資産を作ることができたのか?

というと、

お金を生み出す資産

を作ったからです。

自分が働かなくても、
資産がお金を生み出してくれる状態を作ることができたからです。

今回は、
労働より資産を作ることで、
どれだけ人生が変わるのか?

を、
物語形式で伝えていきます。

資産のおかげで人生変わった物語

7年前、
僕は会社員としての毎日に絶望していた。

毎日毎日同じことの繰り返し。
満員電車に揺られ通勤し、
仕事では上司に怒られ、
給料は20万程度。

こんな生活があと何十年も続くと思うと、
吐き気がしそうだった。

でも、
生活のためには続けるしかなかった。

だが、
そんなある日、

知人から
「金持ち父さん、貧乏父さん」

という本を勧められた。

変わった名前だなと思いつつ、
とりあえず通勤電車の中で読んでみた。

「え?何これ?」

と衝撃が走った。

例えばこんなことが書いてあった。

「貧乏はお金のために働き続け、
金持ちは自分のためにお金を働かせる」

「資産を作って不労所得を得て、
経済的自由、時間的自由を手に入れろ」

衝撃的だった。

「不労所得?経済的自由?時間的自由?そんな世界があるの?」
「そんなのあり得ないだろ」

と思いつつ、
読み進めていった。

帰りの通勤電車の中で読んでいたのだが、
本を読むのに夢中になりすぎて、
気づいたら降りる駅をとっくに通り過ぎて終点まで乗ってしまっていた。

「これだ!資産を作って自由になりたい!。」
「自分の代わりに資産に働いてもらってお金を稼ごう」
「お金の奴隷から抜け出すんだ!」

これが投資との出会いだった。

今まで、
お金を稼ぐ=自分が働くこと

自分が働かないと、
収入はゼロになる。

だからずっとお金の奴隷になって働き続けないといけない。
そう思ってた。

でもそれは労働者だけの世界だった。

金持ちは、
お金を生み出す資産を作ることで、
自由なお金と時間を得ている。

ということを学んだ。

その後、
資産ってどうやって作ればいいのか?
について調べまくった。

金持ち父さんの本では、
株や不動産に投資が紹介されていたので、
そこから始めた。

だが、これまでの僕は、
投資について全くの無知だった。

投資に対するイメージは、
リスクが怖いとか、
借金が怖いとか、
ギャンブルとか、

そういうマイナスのイメージが強かった。

学校や親からは、
貯金が一番安全だと言われてきた。

だから、
貯金しかしてこなかった。

でも、
投資について勉強していると、
資産を作ることで、
自分の代わりにお金を稼いでくれる。

自分の人生にとって圧倒的にプラスになることがわかった。

最初は自分なんかにできるのか?
と不安だったが、

資産を作るために必要な知識は、
労働者とは全く違うものだった。

まるで、
算数の九九を覚えるのと同じように、
学べば誰でも身につけられるものだった。

最初は株式投資から始めた、

「被ってどうやって買うんだ?」

色々本を読んだりネットで調べてみた。

すると、
証券口座を解説すればすぐに始められることがわかった。

「へー。銀行口座以外にもそんな口座があるのか」

と全くわからなかった僕にとっては、
知らない世界だった。

ネットで調べたら、
楽天証券が手数料安そうだったので、
楽天証券で口座を作ってみた。

口座開設は思ったより簡単で、
申込書に個人情報を記入して送るだけだった。

そして、2週間後。

郵便局から書留が届いた。

「おお、口座開設できた!」

「で、どうやって被って買うんだ?」

調べてみた。

すると、
証券口座にお金を入金するらしい。

なので、
自分の銀行口座から証券口座に10万円振り込んだ。

「これでいいのかな?」

ドキドキしながら待つと、
証券口座の残高が10万円になった。

「おお。早速株を買ってみるか」

と、とりあえず有名な会社の株を買ってみた。

「みずほ銀行の株を買ってみよう」

スマホで操作してみたら、
意外と簡単に買うことができた。

10万円も使うのは怖かたが、
とりあえずやってみるか的なノリで買ってみた。

これが初めての投資だった。

数日後、
株価が上がっていた。

「おお、3000円増えたぞ」

僕は何もしていないが、
株を持ってるだけで、
資産が3000円というお金を産んでくれた。

額は小さいかもしれないが、
資産を作るというものがどういうことなのかを学ぶことができた。

その後、
さらに勉強し、
資金を増やしていろんな種類の株を買った。

ただ、
株式投資だけだと、
経済的自由になるまでの道のりは遠いと感じていた。

そこで、
不動産投資もやってみた。

不動産投資なら、
毎月家賃収入が入って、
不労所得が得られるからだ。

ただ、
最初はビビっていた。
本当にビビりまくってた。

なぜなら、
不動産を取得するためには銀行から融資を受けないと取得できないからだ。

融資。つまり借金だ。

借金と聞くと、
借金取りに追われるとか、
破産するとか、
連帯保証人とか、

怖いイメージしかなかった。

「さすがに借金は怖いな・・・」

と思っていた。

ただ、その裏腹に、
不労所得、家賃収入というものに激しい憧れがあった。

不動産投資についていろんな本を読むと、

「家賃収入300万」
「不労所得で年収2000万」

という文字をみるたびに、
めちゃくちゃ欲情した。

「不動産欲しい!不労所得ゲットしたい!」

という気持ちが強まり、
不動産投資にもチャレンジしてみることにした。

本、音声教材、セミナーなどで、
不動産投資についての勉強をしまくった。

すると、
借金についての印象の変わった。

借金というのは、
良い借金と悪い借金があるということを知った。

不動産投資のように、
数千万とかするような自分の資金だけじゃ動かせない大きな資産を、
銀行の力を借りて動かす。

そうすることで、
大きなリターンが得られる。

これは良い借金ということがわかった。

利回り10%だとして、
100万だったら10万だが、
1000万だったら100万のリターンになる。

例えば、
自己資金200万、融資800万で毎年100万のリターンが得られる資産を買ったとしよう。

それを20年かけて毎年40万ずつ返したとしても、
自分の所には毎年60万のリターンが残る。

自分の資金じゃ動かせない大きな資産を借金で取得し、
大きなリターンを得る。

これは良い借金であり、
レバレッジ効果と呼ばれるものだということを学んだ。

逆に、
悪い借金というのは、
お金を生み出さないもの(負債)のためにする借金。

例えば、
遊び目的のお金とか生活費、住宅ローンなど。

これらは何もお金を生み出さないから、
借金すると苦しくなる。

借金は善でも悪でもなく、
使い方によって善にも悪にもなる。

ということを学ぶことができた。

借金に対する価値観が変わった僕は、
不動産投資をして大家になることを決意。

アパート探しに没頭した。

本や教材などで得た知識で、
投資する基準(利回りや築年数や立地など)を決め、

投資物件が掲載されてるサイトを見まくり、
気になる物件があったらその物件を取り扱ってる業者に連絡。

それを繰り返し、
数ヶ月が経過した。

ついに1件目のアパートを取得した。

そして、
毎月23万円の家賃収入が自動で入ってくるようになったのだ。

「おおおお!銀行口座に23万振り込まれてる!!」

毎月毎月、
アパートがお金を稼いでくれた。

念願の不労所得だった。

僕が会社員として労働をしてる間、
アパートも自分のためにお金を産んでくれた。

「資産すげー、投資面白え!」

僕はすっかり投資の魅力にハマり、
さらに資産作りに励んだ。

そんなある日、
僕はあわや命に関わるような出来事に見舞われた。

2014年10月のことだった。
僕は会社から帰宅する電車に乗るため、
駅のホームの端っこを歩いていた。

その時、
不注意でホームから線路に転落してしまった。

頭を強く打ち、
意識を失った。

その後、
意識がもうろうと何が起こったのかよくわからず救急車で運ばれ、
気づいたら病院にいた。

側頭骨を骨折、
顔面神経麻痺、

かなりの重症で、
3ヶ月間休職することとなった。

電車が来なかったのは不幸中の幸いだったが、
一歩間違えたら死んでただろう。

ちなみに、事故の記事を見つけたのでリンクしておこう。
記事はこちら

この時は本当に大変だった。

特に顔の麻痺が大変だった。

寝てる時も目が閉じられず痛い。
食事や水を口に入れても溢れて不便。
顔の筋肉が落ちて顔が歪み人に見せられない。

「このまま治らなかったらどうしよう」
「これじゃあ仕事できない」
「また同じ事故起こしたらどうしよう」

そんな不安に襲われていた。

だが、
収入に関しては何も不安はなかった。

なぜなら、
自分が入院して働けない間も、
株やアパートたちがお金を確実に稼いでくれていたからだ。

毎月、23万を資産が稼いでくれていた。

「資産ありがとう!!」

この時ほど投資のありがたさを感じたことはなかった。

人生はいつ何が起こるかわからない。
労働者だと、自分が働けなかったら収入はゼロになり不安になる。

しかし、
投資でお金を生み出す資産を作れば、
そんな不安も解消されるのだ。

怪我も幸い、
リハビリや支えてくれた人たちのおかげでほぼ回復できた。

回復後は、
さらなる資産づくりに励んだ。

株や不動産だけでなく、
仮想通貨(暗号資産)とも出会い、
幅を広げて投資をしていった。

投資するための自己資金を増やすために、
副業でネットビジネスにも挑戦した。

学べば学ぶほど、
資産が積み上がり、
お金が増えていった。

そして、
気づけば資産が1億円を超えていた。

「うおおおお、これで自由だああ」

念願の脱サラもでき、
自由を手にすることができた。

今日も、
資産が僕の代わりにお金を稼ぎ続けてくれている。

おしまい

お金を生み出す資産を作ると得られる世界

いかがでしょうか?

僕の体験談を例に、
自分が労働するよりも、
投資してお金を生み出す資産

を作る方が、

経済的にも、
時間的にも、
精神的にも、

圧倒的に人生が充実することがわかっていただけたでしょう。

現在の僕の状態は、
投資と出会う前の僕が見たら、
羨ましくて仕方がない状態になりました。

労働者としてサラリーマンをやってた頃の僕と比べたら、
びっくりするくらい人生が変わりすぎました。

お金を生み出す資産を作ることができれば、

家で何してようが、
寝ていようが、
どれだけ怠けていようが、
ケガや病気で働けなかろうが、

自分の銀行口座に、
毎月お金が勝手に振り込まれるような状態を作ることができます。

びっくりするくらい、
お金にも時間にも心にも余裕ができます。

資産って何を作ればいいの?

では、
資産ってどんなものがあるのか?

というと、

僕の場合、
株、不動産、仮想通貨(暗号資産)

などで資産を作りました。

じゃあ、
今から投資を始めるなら何がいいの?

と聞かれたら、

僕は仮想通貨(暗号資産)が一番だと考えてます。

株や不動産も魅力はあるのですが、
これから一番成長が期待できる分野は仮想通貨です。

短期間で、
何倍、何十倍、何百倍と資産を増やせる可能性を大いに秘めてます。

ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)の分野は、
これから世界中に広まっていきます。

というか、
そういう動きが着実に進んでます。

ちなみに、、
僕が1億円を超える資産を一気に掴めたのも、
仮想通貨です。

2017年に仮想通貨バブルが訪れ、
2018年以降はバブルが崩壊し、
2019年2月現在も低調が続いてますが、
これからバブル以上の大きな波がくると確信してます。

仮想通貨の魅力や、
バブル期に一晩で1億円増えた当時のエピソードを語った記事があるので、
そちらも合わせてお読みください。

仮想通貨(暗号資産)バブルで朝起きたら1億円増えてた話

リスクを取れない者に自由を得る資格はない

投資と聞くと、

リスクが怖い
お金が減るのが怖い
損したくない

そういう気持ちはありますよね。
僕だってあります。

当たり前ですが、
投資にリスクはつきものです。

ですが、
勉強すればリスクはある程度対応できます。

リスクというのは、
「不確実性」という意味です。

不確実なことは誰だって怖いです。

だから、
知識をつけて不確実なことを予め想定し、
備えればいいのです。

あとは、
勇気。

いくら良い情報があっても、
投資できる資金があっても、
一歩踏み出す勇気がなければ、何も始まりません。

当たり前ですが、
資産を増やすことも、
自由を得ることも、

叶いません。

厳しい言い方かもしれませんが、
リスクを取れない者に自由を得る資格はありません。

安全と自由はトレードオフですからね。

安全を取るなら自由は得られないし、
自由を得たいならリスクは伴います。

でも、
リスクは勉強すれば最小限に減らせます。

まずは一歩踏み出すこと。
10万円でも5万円でも1万円でもいいから、
まずは思い切って資産を作ってみましょう!

仮想通貨の飼い方、
オススメの仮想通貨、
想定されるリスク、
最新の動向など、

詳しいことは、
僕の無料メルマガで詳しくお伝えしてるので、
ぜひ登録して学んでください。

では、ありがとうございました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、会社員時代に脱サラを目指して始めた投資で、
1億円以上の資産を形成しました。

仮想通貨(暗号資産)、不動産、株などで資産を構築し、
資産がお金を生み出してくれるおかげで、

全く何も働かなくても、
お金が自動で生み出される状態になりました。


現在は念願の脱サラを果たし、
自由で自立した人生を歩んでいます。

ですが、
社会的弱者の印象がある視覚障害者の僕が1億円以上の資産って、
超絶怪しいですよね。

お前には特殊能力とかセンスがあったんだろ?とも言われます。
僕はもともと投資やお金について詳しかったわけでも、
最初から有益な情報源があったわけでもありません。

月収は手取りで20万程度の平凡なサラリーマンでした。
その上、視覚障害というハンディも抱えてる人間です。

そんな僕でも、
正しい知識を得て実践を繰り返す事で、
人生を変えることができました。

才能も人脈もない上、
目にハンディのある僕だからこそわかったことは、

「どんな人でも人生変えられる」

ってことです。

正しい知識を学んで、それを実践する。
これだけです。本当に。

そうすれば、誰だって理想の人生を実現できるチャンスはあるんです。

僕は、
誰でも自由で理想の人生を歩めるチャンスはあると確信してます。

そんな僕の行動理念を書いた記事を公開していますので、
ぜひご覧ください。

僕の理念「人生開眼」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1億円の資産を作った僕の投資の全てを配信!
無料メールマガジンのご案内

株、不動産、仮想通貨など、どの分野でも大きな資産を形成できた超シンプルな投資法とは?

仮想通貨(暗号資産)投資で今後成長が期待できる銘柄を見極める3つのポイントとその明確な理由とは?

投資するための自己資金がなくても、誰でも簡単に資金を作り出せる方法とは?

投資で1億円の資産を作り出した僕が身につけた知識や経験を全て教えます。

以下から、
ブログやYoutubeでは語られない内容盛りだくさんの
無料メールマガジンに登録することができます。

1億円の資産を形成した投資の全てを配信中!
torokuword1