暗号通貨投資がうまくいって朝起きたら1億円増えてた話

Pocket

こんにちは。つかちゃんです。

僕は、
暗号通貨投資を始めたのは、
2015年末ごろでした。

そして、
2017年にバブルが訪れ、
含み益ではありましたが、

6億円

もの資産が一時的にありました。

いやー、あの頃は本当にすごかった。

価格情報を見れば見るほど、
何倍、何十倍、何百倍と増え続けていきましたから(笑)

中でもすごかったのが、
2017年12月。

バブルのピークの時だったんですが、
朝起きたら1億円も資産が増えてた!!

なんてこともありました。

まあ、その後はバブルが崩壊して、
資産はグーンと減っちゃいましたが(笑)

すぐ戻るだろう戻るだろうと思ってたら、
減ってく一方でしたね。

ただ、
暗号通貨市場自体は、
これから間違いなくバブル時以上に成長する!

と確信しているので、
バブル崩壊後の下落状態はあまり気にしてません。
(萎えた気持ちもありますが笑)

一時的に下がってるだけで、
将来的には間違いなく上がっていくでしょう。

それだけ、
暗号通貨、ブロックチェーンの分野は、
ものすごくポテンシャルを感じてます。

だって、
銀行を介さずに、
24時間365日、

いつでもどこでも、
スマホ一台で世界中の人たちと、
手数料と時間をかけずに送金ができる。

こんな便利な仕組みが、
広まらないわけありませんからね。

送金に限らず、
今ある全てのインフラにブロックチェーンが広まれば、
本当に安全で便利な社会が作られていくと思うと、

本当にワクワクします。

で、今回の記事では、

僕が暗号通貨と出会った時の話と、
バブルで朝起きたら1億円も増えてた頃のお話を、

ストーリー形式で紹介したいと思います。

暗号通貨?なにそれ。めっちゃ怪しい

僕が暗号通貨と出会ったのは2015年のことだった。

当時の僕は、
会社員をやりながら、
株式投資と不動産投資をメインに投資をしていた。

そんなある日のこと、
当時所属していた投資コミュニティの主催者から、
暗号通貨、ビットコインの紹介があった。

「暗号通貨?ビットコイン??」
「なんだそりゃ。なんかゲームで使うコインかな?」

そのころは、
今と比べてビットコインはほとんど知られていない時期だったし、
自分自身も初耳だった。

「怪しいな。怪しいだろ」
「そもそも仮想ってなんだよ。実態ないっってこと?」
「実態がない通貨ってなんだよ」

こんな感じで、
最初は全く受け入れられなかった。

しかし、
僕は紹介してくれたコミュニティの主催者を、
心から尊敬していたこともあり、

「怪しいけど、この人が紹介してるってことは間違い無いのかも」

ということで、
投資してみることにした。

僕は投資で大事にしてるのが、
「誰」の部分だ。

誰からの紹介なのか?
誰がやっているのか?

この”誰”の部分さえ見極められれば、
中身は間違いなく本物だ。

実際に僕は、
「誰」を大事にしてから、
投資で失敗しなくなったし、
詐欺案件に引っかかったことも一度もない。

投資に限らず、
ビジネスや全ての活動にも通ずることでもある。

それだけ、
「誰」の部分は大事なのだ。

まあ、
この考え方自体もこの投資コミュニティで学んだことなのだが。

話を戻そう。

暗号通貨、ビットコインだが、
「この先生からの紹介なら間違い無いだろう」

ということで、
思い切って100万円分投資することにした。

これが、
僕が暗号通貨、ビットコインとの出会いだった。

当時の価格は、
1BTC8万円くらいだった。

暗号通貨ってすごいかもしれない

怪しみながら投資した暗号通貨だが、
勉強するとすごい仕組みであることがわかった。

暗号通貨というのは、
ブロックチェーンという技術が基盤になっているもの。

リーマンショックがきっかけで、
金融機関の中央集権に対抗するために作られた技術らしい。

リーマンショックは、
金融機関がお金儲けのためにやりたい放題やってたしわ寄せで起きたもの。
(詳しくはこちらの動画で解説している)

ブロックチェーンは、
金融機関のような中央集権的な仕組みではなく、
非中央集権でいわばみんなで安全に不正できないようなインフラだ。

そのインフラ上で使われる通貨が、
ビットコインであり、暗号通貨ということがわかった。

「なるほど。これは面白い仕組みだ」
「これが広まれば、24時間365日、銀行を使わずにいつでも送金できる」
「しかも手数料もかからないしめっちゃ早い」

と、
ブロックチェーンや暗号通貨について学べば学ぶほど、
ますます興味が深まった。

その後、
暗号通貨にはいろんな役割や種類があるということを知った。

ビットコイン
イーサリアム
リスク
ネム
・・・

無数にある。
しかも、それぞれによって仕組みや種類が違う。

なかなか奥が深い。

やがて、
いろんな暗号通貨にも投資するようになった。

その後、
いろんなICO案件(ブロックチェーンを使ったプロジェクトを企画して資金調達する代わりに独自コインを配布するもの)が色々出てきたので参加した。

それが、
2016年〜2017年の頃だった。

暗号通貨バブルがやってきた

そして、2017年、バブルがやってきた。

僕が最初に投資した案件は、
2017年10月にやっと取引所に上場された。

知らない人のために念のために言っておくが、
暗号通貨は取引所と言われるいろんな暗号通貨を売買できる所に、
上場しないと売ったり買ったりすることはできない。

だから、
投資してから2年近く、
全く動かすことができなかった。

いつ上場されるのだろうかと、
首を長くして待っていた。

やっと上場されてホッとした。

そして、
上場した時点で、
その通貨は10倍以上になっていた。

「おおおお」
「何もしないで100万円が1000万円になったぞ」

不動産や株しかやってなかった僕にとって、
10倍という数字は驚愕の伸び率だった。

「いや、待て待て。まだまだこの通貨のポテンシャルからしたらもっと上がるだろう」

ブロックチェーンやその通貨について勉強すればするほど、
将来性を期待していたので、
売らずにホールドしておくと決めていた。

すると、
大波がきた。

11月のことだった。
その通貨の上昇が止まらない。

スマホで価格情報を見るたびにどんどん上がっていく。

20倍、30倍、・・・

一気に上昇し始めてから1日後、
なんとその通貨は60倍になっていた。

「ろ、ろ、ろく・・・6000万!?」
「なんだこれ。見たことのない数字だ」

この時、
何か今まで自分の心にかかっていたネジが外れたような感覚がした。

「やばい。金持ちになった気分だ」

気づいたら、
ipad
ダイソンの掃除機
ワイヤレスイヤホン

なんか買いたいものを衝動買いしていた。
5万、10万するような商品でも何も気にせず、
Amazonでポチりまくっていた。

「あれも買おう。これも買おう」
「別に買ってもお金いっぱいあるし」

この時、すでにバブっていたのだが、
まだまだこれで終わりではなかった。

朝起きたら1億円増えてた

バブルはまだまだ続いた。

もう、
毎日毎日、毎時毎時、毎分毎分、
価格情報を見るのが楽しくて仕方なかった。

見れば見るほど資産が増えていった。

やがて、
とうとう1億円を超えた。

「とうとう1億円になってしまった・・・・」
「やばい、億万長者になっちゃったぞ俺」

「やばい、億万長者になっちゃった」
「もうお金のこと何も気にしなくていいかも」

と気づいたら、
友達や家族にLINEしていた。

そして、
12月になってもまだまだ上がり続け、

夜、寝て朝起きたら、
「あれ、1億円も増えてる」

寝てる間にまた大きな波が訪れ、
2億円、3億円、・・・

マックスで6億円まで増えていた。

2億円を越したあたりから、
なんか気持ちが穏やかになったというか、
心が澄み切ったような感覚になっていた。

「ああ。もうお金のこと何も考えなくていいんだ」
「別に少しくらい損してもどうでもいいや」
「何かプレゼントしてあげよう」

そんなような気持ちが心から沸いていた。

ここまで増えると、
感覚が麻痺していた。

「3億も4億も違いがよくわからない」
「もうお金どうでもいいや」

こんな感覚になっていた。

それが2017年末あたりのバブルピークの頃の話だ。

バブル崩壊したけど気にしない

いかがでしたでしょうか?

いやー、あの時のバブルの波はすごかったです。

本当にものすごい勢いで資産が増え続けていきましたから。

まあ、
バブルが崩壊した今となっては幻の6億円でしたけどね(笑)

少しでも換金しておけばよかったんですが、
その時は、

もっと上がるだろう
下がっても大したことないだろう

みたいな感覚でした。

バブルは崩壊しましたが、
本当の波はこれから来ると確信してます。

だって、
ブロックチェーン、暗号通貨の価値は本物だからです。

ITバブルと同じで、
ITバブルの時の1990年代は、
IT関連の株はどれも上がりまくってました。

でも、
バブルが崩壊してどれも壊滅的に。

その後、
インターネットを活用して世の中を変えた、
GAFA(グーグル、Amazon、facebook、アップル)などの企業が、
大きな成長を遂げました。

暗号通貨業界もこれと同じで、
これから本物の通貨が大きく成長していくでしょう。

ブロックチェーン技術は、
インターネットと同じように世界を大きく変えるインフラになるからです。

ただ、
どの通貨が伸びていくのか?は、
しっかり見極めていく必要がありますけどね。

そこらへんの見極め方は、
僕のメルマガで具体的な通貨を紹介しながら配信してるので、
ぜひ登録してください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、会社員時代に脱サラを目指して始めた投資で、
1億円以上の資産を形成しました。

仮想通貨(暗号資産)、不動産、株などで資産を構築し、
資産がお金を生み出してくれるおかげで、

全く何も働かなくても、
お金が自動で生み出される状態になりました。


現在は念願の脱サラを果たし、
自由で自立した人生を歩んでいます。

ですが、
社会的弱者の印象がある視覚障害者の僕が1億円以上の資産って、
超絶怪しいですよね。

お前には特殊能力とかセンスがあったんだろ?とも言われます。
僕はもともと投資やお金について詳しかったわけでも、
最初から有益な情報源があったわけでもありません。

月収は手取りで20万程度の平凡なサラリーマンでした。
その上、視覚障害というハンディも抱えてる人間です。

そんな僕でも、
正しい知識を得て実践を繰り返す事で、
人生を変えることができました。

才能も人脈もない上、
目にハンディのある僕だからこそわかったことは、

「どんな人でも人生変えられる」

ってことです。

正しい知識を学んで、それを実践する。
これだけです。本当に。

そうすれば、誰だって理想の人生を実現できるチャンスはあるんです。

僕は、
誰でも自由で理想の人生を歩めるチャンスはあると確信してます。

そんな僕の行動理念を書いた記事を公開していますので、
ぜひご覧ください。

僕の理念「人生開眼」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1億円の資産を作った僕の投資の全てを配信!
無料メールマガジンのご案内

株、不動産、仮想通貨など、どの分野でも大きな資産を形成できた超シンプルな投資法とは?

仮想通貨(暗号資産)投資で今後成長が期待できる銘柄を見極める3つのポイントとその明確な理由とは?

投資するための自己資金がなくても、誰でも簡単に資金を作り出せる方法とは?

投資で1億円の資産を作り出した僕が身につけた知識や経験を全て教えます。

以下から、
ブログやYoutubeでは語られない内容盛りだくさんの
無料メールマガジンに登録することができます。

1億円の資産を形成した投資の全てを配信中!
torokuword1