バブル崩壊で暗号通貨はもう終わった?まだ始まってないしこれから始まるもの

Pocket

こんにちは。つかちゃんです。

2017年に大きく上昇した暗号通貨市場ですが、
2018年にバブル崩壊し、
2019年3月現在も低空飛行が続いてます。

市場全体の時価総額で言えば、
2018年1月には100兆円近くまで上昇しましたが、
現在は14兆円程度。

ビットコイン価格は、
2017年末に230万くらいまで上がりましたが、
現在は42万円程度。

高値づかみして、
大きな損失を出した人も多いでしょう。

いつまでたっても価格は戻らない。
それどころか下がる一方。

「もう暗号通貨は終わった」

そんな風なことをいう人もいます。

ですが、
実際はまだ終わっていません。

それどころか、
まだ始まってもいません。

暗号通貨は、
これから始まるのです。

どういうことか?
今回はその辺をお話ししていこうと思います。

暗号通貨はお金儲けの手段ではない

そもそも、
終わったという人は、

暗号通貨をお金儲けの手段だと思ってませんか?

確かに、
投資の要素はありますが、
それは1つの要素でしかありません。

投資やお金儲けの側面しか知らないと、
価格の上昇に一喜一憂して、
大暴落したら、

「もう終わった」

と勘違いしてしまいます。

暗号通貨の本来の役割は、

実社会で使われること

です。

実社会で使われるようになってから、
本当の始まりがやってくるんです。

現状、
アメリカの一部の州とか、
世界のほんの一部では、
すでにビットコインをはじめとする暗号通貨での決済が始まってますが、
まだまだ圧倒的に少ないです。

日本でも一部の店でビットコインでの決済ができますが、
まだまだこれからです。

実社会で多くの人に使われるようになれば、
暗号通貨を所有する人がどんどん増えて、
必然的に時価総額は上がっていきます。

これまでは、
投資、お金儲け的な要素ばかりが先走って、

価格変動に一喜一憂したり、
爆上げなど金儲けばかり強調されたICOの詐欺案件に引っかかったり、

本質が全然わかってない人ばかりが暗号通貨市場に参入してきました。

それで、
2018年にバブルが崩壊して、

「暗号通貨はもう終わった」

と勘違いしてる人がたくさんいます。

繰り返しますが、
暗号通貨の本来の役割は、

実社会で使われること

です。

時社会でまだまだ使われていない状況で、
もう終わったというのはおかしな話です。

終わってもいないし、
始まってもいない。

これから始まるんです。

暗号通貨の始まりは実社会で使われるようになってから

目先の価格ばかりを追っかけるのではなく、
どのように世の中で使われていくのか?

ということを追っかけたほうが、
投資家としても大事な視点です。

世の中で使われていけば、
結果として価格は上がっていくわけですからね。

僕は日々、
暗号通貨関連の世界中の動向をウォッチしてますが、
着々と実用化に向けた動きが進んでます。

法令やルールの整備、
決済サービスの整備、
デビットカードやクレジットカードとの連携、
ウォレットの開発、普及

こういった動きが日々起こってます。

例えば、
暗号通貨での決済システム。

僕は先日、
ビットコインでの決済を受け付けてる銀座のカフェに行ってきました。

お会計の時に、
店側のタブレットに表示されたQRコードを、
自分のスマホで読み取るだけで、
支払い完了。

スマホのウォレット内のビットコインから、
支払い額分が店側へ即時送金。

こういう社会が、
近い将来、世界中いろんなところで広まるのかなと感じました。

ですが、
実社会で当たり前のように使われるようになるためには、
まだまだ課題があります。

実社会で使われるようになるための課題

法令・ルールの整備

まずは法令、ルールですね。

ちゃんとしたルールが整備されないと、
実社会では使えません。

これまでの暗号通貨市場は、
ルールが整備されてない中で取引ができていたので、

いろんな詐欺とかハッキングなどの被害が横行してました。
こんな状況では、
当たり前ですが実社会では使えません。

なので、
誰もが安全に取り扱えるよう、
法令やルールの整備が必要です。

現状は、
まだまだ整備段階ではありますが、

先ほどもお伝えした通り、
世界中で着々とルール整備が進んでます。

暗号通貨を「暗号資産」という名称で、
国際的に統一するということも決まりました。

暗号通貨は、
資産として認められているんです。

あとは、
安全に使える環境さえ整えば、
実社会で使われていくでしょうし、
それは2019年から2020年にかけて一気に広まるのでは?

と考えてます。

価格の安定性

次に価格の安定性です。

暗号通貨はボラティリティ(価格の上下幅)が高いのが特徴です。

投資としては魅力な要素ではあるのですが、
決済手段など実社会では使いにくい部分があります。

だって、
1000円の商品をビットコインで支払ったら、
10分後には10%下がって900円分に減った。

なんてことになったら、
売上管理とか超大変ですし不便ですからね。

ただ、
この課題に関しても、

ステーブルトークン(ステーブルコインともいう)

という種類の暗号通貨が解決してくれます。

ビットコインやイーサリアムなどの一般的な暗号通貨を、

ユーティリティートークン

と呼びます。
需要と供給のバランスで価格が大きく変動します。

それに対し、
ステーブルトークンというのは、

ドルや円と連動して価格が安定しているのが特徴です。

ステーブルトークンで一番使われているのが、

USDT(テザー)

です。

これは、ドルと連動しているもので、
基本的に、

1USDT=1ドル

というレートで取引されてます。

USDT以外にも、
円やユーロなどと連動したステーブルトークンが次々に開発されてます。

ステーブルトークンで決済が行われれば、
価格変動のリスクは回避できるので安心です。

もちろん、
ユーティリティトークンでも、

価格が安定する仕組みが作られれば、
十分に決済手段として使えるでしょうが。

その暗号通貨を保有していることで、
何かしらのメリットがある。

売られない仕組みができている。

そのような暗号通貨は、
価格が安定しやすいです。

例えば、
BNB(バイナンストークン)

これは、
バイナンスという取引所が発行している暗号通貨で、
時価総額は現在8位です。(2019年3月現在)

このトークンを保有していることで、
取引手数料がやすくなるという特徴があります。

保有量に応じて、
手数料が安くなるメリットがあるので、

ユーザーは保有し続ける、
売られにくい。

こういうことに繋がるので、
価格は安定します。

実社会で使われていくのは確実

いくつか課題をあげましたが、
世の中の動きを見ると、

暗号通貨が実社会に広まっていくのは間違い無いでしょう。

つまり、
暗号通貨はこれから始まります。

終わってなんていませんし、
始まってもいません。

なので、
バブル崩壊で下がりに下がりまくった今のうちに、
少しでも暗号通貨を保有しておくことで、
将来大きな資産を形成できるチャンスが今来てます。

じゃあ、
何の暗号通貨を買えばいいのか?

といえば、
まずはビットコインです。

ビットコインは暗号通貨の代名詞みたいなものですし、
世界中の多くの人が認知してますからね。

もちろん、
ビットコイン以外の暗号通貨も大きく成長していくでしょう。

ただ、
2017年のように全ての暗号通貨が上がっていくことはありません。

これから成長するのは、

実社会で使われていくこと

が必須条件です。

実態がよくわからない暗号通貨は、
消えていきます。

残念ながら、
今ある暗号通貨のほとんどは、
将来的に消えていくでしょう。

じゃあ、
どんな暗号通貨がこの先成長していくのか?

については、
僕の無料メルマガでお伝えしてますので、
ぜひ登録してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、会社員時代に脱サラを目指して始めた投資で、
1億円以上の資産を形成しました。

仮想通貨(暗号資産)、不動産、株などで資産を構築し、
資産がお金を生み出してくれるおかげで、

全く何も働かなくても、
お金が自動で生み出される状態になりました。


現在は念願の脱サラを果たし、
自由で自立した人生を歩んでいます。

ですが、
社会的弱者の印象がある視覚障害者の僕が1億円以上の資産って、
超絶怪しいですよね。

お前には特殊能力とかセンスがあったんだろ?とも言われます。
僕はもともと投資やお金について詳しかったわけでも、
最初から有益な情報源があったわけでもありません。

月収は手取りで20万程度の平凡なサラリーマンでした。
その上、視覚障害というハンディも抱えてる人間です。

そんな僕でも、
正しい知識を得て実践を繰り返す事で、
人生を変えることができました。

才能も人脈もない上、
目にハンディのある僕だからこそわかったことは、

「どんな人でも人生変えられる」

ってことです。

正しい知識を学んで、それを実践する。
これだけです。本当に。

そうすれば、誰だって理想の人生を実現できるチャンスはあるんです。

僕は、
誰でも自由で理想の人生を歩めるチャンスはあると確信してます。

そんな僕の行動理念を書いた記事を公開していますので、
ぜひご覧ください。

僕の理念「人生開眼」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1億円の資産を作った僕の投資の全てを配信!
無料メールマガジンのご案内

株、不動産、仮想通貨など、どの分野でも大きな資産を形成できた超シンプルな投資法とは?

仮想通貨(暗号資産)投資で今後成長が期待できる銘柄を見極める3つのポイントとその明確な理由とは?

投資するための自己資金がなくても、誰でも簡単に資金を作り出せる方法とは?

投資で1億円の資産を作り出した僕が身につけた知識や経験を全て教えます。

以下から、
ブログやYoutubeでは語られない内容盛りだくさんの
無料メールマガジンに登録することができます。

1億円の資産を形成した投資の全てを配信中!
torokuword1